お役立ち情報

「給食」編(ジャーナル 78号)

学校給食
明治22年(1889年)山形県鶴岡町で行われたのが始まりとされる。昭和の戦後、困難な経済・食糧事情における児童生徒の救済措置として、アメリカからの脱脂粉乳の援助物資等を受けて再開。
学校給食法
昭和29年に制定、「学校給食が児童及び生徒の心身の健全な発達に資し、かつ、国民の食生活の改善に寄与するものである」等。
平均所要栄養量の基準・標準食品構成表
文部科学省による、学校給食の食事内容の適正を期すための基準。
ララ物資
アジア救援公認団体「ララ」( LARA/ Licensed Agencies for Relief inAsia )による日本向け援助物資。戦後、空腹や病に苦しむ日本の子供たちを救うため、サンフランシスコ在住の浅野七之助氏らにより「日本難民救済会」が興り、宗教団体の協力を通してララが発足。脱脂粉乳などの食料や衣類等が昭和27年まで届けられた。23年には6大都市約300カ所の保育所でララ物資による給食が開始された。
全国学校給食週間
昭和21年12月24日より東京・神奈川・千葉にて試験給食が始まったため、当時の文部省により、この日を学校給食記念日とした。昭和25年から全国学校給食週間と改め、1月24~30日の1週間に、学校給食の意義、役割等についての理解と関心を高め、学校給食のより一層の充実発展を図るため、各種の行事等が実施される。
かみかみ給食
やわらかい食品を好む傾向により、あごの発達の遅れや歯並びが悪い子どもが増加、脳の発達にも影響を及ぼすことが懸念されることから、学校給食において、炒り豆やスルメなど歯ごたえのある食品を取り入れた献立で、よくかむことを指導する。
リザーブ給食 (セレクト給食)
献立の一部の料理において2種または数種類からあらかじめ1つを児童生徒が選べる。自主的な食への関わりを促し、食についての知識を学ぶ機会とする。食べ残しを減らすことにもつながる。
完全給食、補食給食
パンまたは米飯とミルク、おかずを供する完全給食。ミルクとおかずまたはおかずのみの捕食給食。ミルクだけを供するミルク給食も。
交流給食
異クラス、異学年、小学校と中学校、保護者との交流など、クラス単位の枠を越えた様々な人々との会食。食事を通してコミュニケーションを深めることを目的とする。
招待給食
地域のお年寄りや関係者等を招待し、学校給食を一緒に食べる。
行事給食
祭りや七夕などの伝統行事、または卒業式など折々の行事に併せた献立に。食文化を伝える役割を担う。
学校給食プログラム
WFP(国連世界食糧計画)の活動の一環で、開発途上国において学校給食を提供。栄養価の高い食事を食べられると共に、教育を確実に受けられるよう保障することを目的とする。
事業所給食
事業所内にて食堂運営を委託する方法や、業者の給食センターからの弁当配送など。明治4年(1871年)群馬県富岡に設立された官営の富岡製糸工場にて給食が支給されたのが始まりといわれる。
特定給食施設
健康増進法により、特定かつ多数の人に対して継続的に食事を供給する施設のうち栄養管理が必要なものとして厚生労働省令で定めるもの。1回100食以上または1日250食以上を供給する施設。
訪問給食サービス
一人暮らしの高齢者で料理が困難な人を対象に、栄養バランスのとれた食事を提供。訪問時に安否の確認も行い、生活の自立支援も図る。市町村が独自に行う市町村特別給付対象。

最近のお役立ち情報

2016年12月26日 121号「食の安全・環境」編
2016年10月24日 120号「郷土料理」後編
2016年09月16日 119号「郷土料理」前編
2016年06月08日 118号「外食店経営」編
2016年03月31日 117号「日本茶」編
2016年02月15日 116号「フランス料理」編(後編)
2015年12月02日 115号「フランス料理」編(前編)
2015年12月02日 114号「ビール」編
2015年12月02日 113号「日本料理」編(後編)
2015年04月07日 111号「日本料理」編(前編)
2015年02月13日 110号「食品添加物」編
2014年12月15日 109号:「和菓子」編
2014年10月07日 「米」編108号
2014年10月06日 「単位用語」(後編)107号
2014年04月15日 「単位用語」105号
2013年12月17日 「茶道用語」編103号
2013年10月03日 「パーティー用語」編102号
2013年09月10日 「ワイン用語」編101号
2013年08月02日 「農業用語」編100号
2013年04月19日 「ホテル用語」編99号
2013年04月19日 「日本の行事食」編98号
2013年02月01日 「販促用語」編97号
2012年10月10日 「韓国料理」編96号
2012年09月27日 「コーヒー」編(後編)95号
2012年06月12日 「コーヒー」編(前編)94号
2012年04月20日 「スタンダードカクテル」編93号
2012年02月16日 「コンビニエンスストア」編92号
2012年02月13日 「紅茶」編91号
2011年11月22日 「ファイトケミカル」編90号
2011年10月05日 「中東料理」編89号
2011年06月21日 「チーズ」編88号
2011年03月10日 「日本酒(清酒)」編 86号
2010年12月28日 「クリスマス」編 85号
2010年10月25日 「中南米食材・料理」編 84号
2010年10月25日 「中国料理素材」後編 83号
2010年07月13日 「中華素材」前編(ジャーナル 82号)
2010年07月13日 「役職&セクション」編(ジャーナル 81号)
2010年05月17日 「イタリア料理」編(ジャーナル 80号)
2009年12月16日 「お正月」編(ジャーナル 79号)
2009年12月15日 「給食」編(ジャーナル 78号)
2009年09月17日 「感染症・家畜伝染病」編(ジャーナル 77号)
2009年03月31日 「エスニック料理・東南アジア」編(ジャーナル 75号)
2009年03月31日 「健康食品」編(ジャーナル 74号)
2009年03月31日 「食物アレルギー」編(ジャーナル 73号)
2009年03月31日 「国際機関」編(ジャーナル 72号)
2009年03月31日 「食中毒関連」編(ジャーナル 71号)