お役立ち情報

「米」編108号

面積

合鴨農法
水田に合鴨を放つ農法。害虫や雑草を食べる、田をかき回し酸素が補給される、糞が肥料になる等の利点がある。
赤米
古代米の一種。玄米の種皮にタンニンを含む。
インディカ米
インド、東南アジア、中国、アメリカ大陸に分布する米。世界の米生産量の8割を占める。インド型ともいわれ、長粒で粘り気がない。タイ米など。
うるち米
日本の米の栽培面積の96%程を占める。でんぷん質がアミロース15~35%、アミロペクチン65~85%からなる米。
塩水選(えんすいせん)
塩水に籾を入れ、浮いたものを取り除き、中身の充実した籾を選別すること。
陸稲(おかぼ)
畑で栽培される稲。りくとうともいう。
香り米
古代米の一種。玄米に香りを持つ。インドやパキスタンのバスマティやタイのジャスミンライスなど。高知や宮城でも栽培。
強化米
ビタミンや鉄分などを添加した米。普通の米に混ぜて炊く。
黒米
古代米の一種。玄米の種皮にアントシアニンを含む。紫黒米ともいう。
玄米
籾から籾殻のみを取り除いた、精米されていない米。玄米を水に浸し、わずかに発芽させたものを発芽玄米、炊いてから3~4日熟成させたものを寝かせ玄米という。
コシヒカリ
生産量日本一の品種。新潟県で開発され、魚沼、佐渡、岩船が三大名産地。
古代米
古代の稲の品種の特色を残した米。
ジャバニカ米
東南アジア、イタリア、スペインなど、亜熱帯地域に分布する米。ジャワ型ともいわれ、中~半長粒で少し粘り気がある。イタリアのアルボリオなど。
ジャポニカ米
日本、朝鮮半島、中国北部などに分布する米。世界の米生産量の2割弱を占める。日本型ともいわれ、短粒、円粒で粘り気がある。日本米やアメリカのカルローズなど。
代掻き(しろか)
田植え前、田に水を入れ、土を砕き表面を平らにすること。水漏れや水深のムラの防止、苗を植えやすくするために行う。
水稲(すいとう)
水田で栽培される稲。
精米
玄米から糠層すべて、または一部を削ること。
脱穀
稲の穂先から籾を落とすこと。
中干し
田植え後、田の水を抜き、乾かすこと。酸素の補給、有害ガスの放出により、根の発育を促す。
二期作
1年に2回、同じ田で稲栽培すること。温暖な地域で行われる。
二毛作
1年に2回、同じ田や畑で別の作物を作ること。
糠層
果皮、種皮、胚芽、糊粉層のことをまとめた総称。
胚芽
米種子の内部の、成長後に芽となる部分。胚乳に食い込むようについている。
胚芽米
玄米の胚芽だけを残し、糠層を削った米。白米より栄養価が高く、玄米より消化が良い。
胚乳
種子植物の種子内にある、胚の生長のための養分を蓄える組織。米でいうと白米として食べる部分で、でんぷんが主成分。
白米
玄米を精米し、糠層を完全に取り除いたもの。
ひとめぼれ
宮城で開発された「コシヒカリ」と「初星」の交配種。
ヒノヒカリ
宮崎で開発された「コシヒカリ」と「黄金晴」の交配種。
分つき米
精米加減に変化をつけ、玄米の栄養価と白米の食べやすさのバランスを調整した米。「3分つき」「5分つき」「7分つき」などといい、数字が大きい程白米に近い。
穂肥(ほごえ)
品質や収量を高めるため、出種前の時期に肥料を与えること。
無洗米
白米から、肌糠と呼ばれる粘着性の強い糠を取り除いた米。炊く前に洗う必要がない。
もち米
でんぷん質にアミロースを含まない米。日本の米の栽培面積の4%程。
稲刈り後、脱穀し実だけを取り出したもの。
籾摺り
籾から籾殻を除去し、玄米にすること。

最近のお役立ち情報

2017年04月07日 123号「洋菓子」後編
2017年04月07日 122号「洋菓子」前編
2016年12月26日 121号「食の安全・環境」編
2016年10月24日 120号「郷土料理」後編
2016年09月16日 119号「郷土料理」前編
2016年06月08日 118号「外食店経営」編
2016年03月31日 117号「日本茶」編
2016年02月15日 116号「フランス料理」編(後編)
2015年12月02日 115号「フランス料理」編(前編)
2015年12月02日 114号「ビール」編
2015年12月02日 113号「日本料理」編(後編)
2015年04月07日 111号「日本料理」編(前編)
2015年02月13日 110号「食品添加物」編
2014年12月15日 109号:「和菓子」編
2014年10月07日 「米」編108号
2014年10月06日 「単位用語」(後編)107号
2014年04月15日 「単位用語」105号
2013年12月17日 「茶道用語」編103号
2013年10月03日 「パーティー用語」編102号
2013年09月10日 「ワイン用語」編101号
2013年08月02日 「農業用語」編100号
2013年04月19日 「ホテル用語」編99号
2013年04月19日 「日本の行事食」編98号
2013年02月01日 「販促用語」編97号
2012年10月10日 「韓国料理」編96号
2012年09月27日 「コーヒー」編(後編)95号
2012年06月12日 「コーヒー」編(前編)94号
2012年04月20日 「スタンダードカクテル」編93号
2012年02月16日 「コンビニエンスストア」編92号
2012年02月13日 「紅茶」編91号
2011年11月22日 「ファイトケミカル」編90号
2011年10月05日 「中東料理」編89号
2011年06月21日 「チーズ」編88号
2011年03月10日 「日本酒(清酒)」編 86号
2010年12月28日 「クリスマス」編 85号
2010年10月25日 「中南米食材・料理」編 84号
2010年10月25日 「中国料理素材」後編 83号
2010年07月13日 「中華素材」前編(ジャーナル 82号)
2010年07月13日 「役職&セクション」編(ジャーナル 81号)
2010年05月17日 「イタリア料理」編(ジャーナル 80号)
2009年12月16日 「お正月」編(ジャーナル 79号)
2009年12月15日 「給食」編(ジャーナル 78号)
2009年09月17日 「感染症・家畜伝染病」編(ジャーナル 77号)
2009年03月31日 「エスニック料理・東南アジア」編(ジャーナル 75号)
2009年03月31日 「健康食品」編(ジャーナル 74号)
2009年03月31日 「食物アレルギー」編(ジャーナル 73号)
2009年03月31日 「国際機関」編(ジャーナル 72号)
2009年03月31日 「食中毒関連」編(ジャーナル 71号)