お役立ち情報

「感染症・家畜伝染病」編(ジャーナル 77号)

パンデミック
感染症・伝染病が世界的に大流行すること。過去にはペスト、コレラ、スペイン風邪等。現在はインフルエンザ・パンデミックが最もおこりやすいとされ、世界保健機関(WHO)では、パンデミック警戒レベルとして6つのフェーズを用いている。
新型インフルエンザ
新たなウイルスを病原体とするインフルエンザ。国民がまだ免疫を持っておらず、全国的かつ急速にまん延し、国民の生命または健康に重大な影響を与える恐れがあるもの。
腸管出血性大腸菌感染症
血管に害を及ぼすベロ毒素を産生する病原性大腸菌を原因菌とし、O157、O26、O111などの種類がある。菌で汚染された食物の経口摂取、また人から人への二次感染により、数日の潜伏期をおいて、激しい腹痛を伴う水様便、血便などの症状があらわれることが多く、合併症を起こし死に至る場合もある。夏季に多い。
ノロウイルス感染症
主に感染者の糞便・吐物や食品(汚染されたカキや二枚貝類の生、加熱不十分な調理品、感染者によって汚染された食品等)の経口感染により、嘔吐、下痢などの急性胃腸炎症状を起こす。数日で自然回復する。冬季に流行。学校や福祉施設等での集団発生が多い。
A型肝炎、E型肝炎
発展途上国では一般に見られる。A型はA型肝炎ウイルスに汚染された水や氷、野菜、果物、魚介類の生食によって感染。E型はE型肝炎ウイルスに汚染された水や氷、生肉(豚、猪、鹿等)による。
国際獣疫事務局(OIE)
動物の伝染性疾病に関する情報の透明性の確保を目的とし、1924年に設立。家畜に関する科学的情報の収集と普及、家畜の伝染性疾病の制御に向けた国際協力や、家畜の国際的取引のための衛生規約の策定を行う。参加国は174 カ国、本部はパリ。http://www.oie.int/
牛海綿状脳症/BSE(Bovine Spongiform Encephalopathy)
通称、狂牛病。タンパクの一種の異常プリオンが牛の脳に蓄積、脳の組織はスポンジ状になり、起立不能等の症状を引き起こし、死に至る悪性の中枢神経系の疾病。1986年に英国で発生。BSE感染牛の肉骨粉を飼料として経口感染、各国に広がった。現在は牛肉トレーサビリティー法に基づいた牛個体識別システム、全頭検査、特定危険部位の除去などの安全対策が行われている。人においては、若年層に発生する変異型クロイツフェルト・ヤコブ病が、感染牛の肉を食べることにより起こる可能性が高いとされている。
高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)
鴨などの水禽が腸管に保有するインフルエンザウイルスが、家禽に感染して発揮することがあり、大部分は低病原性だが、高病原性の場合がある。近年、アジアから世界各地へ感染が拡大、種の壁(受容体の違い)により人へは感染しないとされていたが、2003年から現在までのWHOの検査によると、15カ国432例、うち262の死亡が報告されている。突然の高熱、咳などの呼吸器症状、全身倦怠感、筋肉痛などの全身症状を伴う。感染した家禽の屠殺、食肉加工等の接触はリスクが高い。人から人へは容易には感染しない。適切な加熱調理が行われていれば、経口感染はないと考えられている。
口蹄疫/FMD(Foot-and-Mouth Disease)
牛、豚、羊などの偶蹄類の動物が感染する。16世紀中期にイタリアで発生、その後、ほぼ世界的に見られる。長年発生のなかった日本や韓国でも2000年にそれぞれ肥育牛と乳牛で発生が確認。感染動物に濃厚な接触があると極めてまれに人にも感染する。

最近のお役立ち情報

2017年04月07日 123号「洋菓子」後編
2017年04月07日 122号「洋菓子」前編
2016年12月26日 121号「食の安全・環境」編
2016年10月24日 120号「郷土料理」後編
2016年09月16日 119号「郷土料理」前編
2016年06月08日 118号「外食店経営」編
2016年03月31日 117号「日本茶」編
2016年02月15日 116号「フランス料理」編(後編)
2015年12月02日 115号「フランス料理」編(前編)
2015年12月02日 114号「ビール」編
2015年12月02日 113号「日本料理」編(後編)
2015年04月07日 111号「日本料理」編(前編)
2015年02月13日 110号「食品添加物」編
2014年12月15日 109号:「和菓子」編
2014年10月07日 「米」編108号
2014年10月06日 「単位用語」(後編)107号
2014年04月15日 「単位用語」105号
2013年12月17日 「茶道用語」編103号
2013年10月03日 「パーティー用語」編102号
2013年09月10日 「ワイン用語」編101号
2013年08月02日 「農業用語」編100号
2013年04月19日 「ホテル用語」編99号
2013年04月19日 「日本の行事食」編98号
2013年02月01日 「販促用語」編97号
2012年10月10日 「韓国料理」編96号
2012年09月27日 「コーヒー」編(後編)95号
2012年06月12日 「コーヒー」編(前編)94号
2012年04月20日 「スタンダードカクテル」編93号
2012年02月16日 「コンビニエンスストア」編92号
2012年02月13日 「紅茶」編91号
2011年11月22日 「ファイトケミカル」編90号
2011年10月05日 「中東料理」編89号
2011年06月21日 「チーズ」編88号
2011年03月10日 「日本酒(清酒)」編 86号
2010年12月28日 「クリスマス」編 85号
2010年10月25日 「中南米食材・料理」編 84号
2010年10月25日 「中国料理素材」後編 83号
2010年07月13日 「中華素材」前編(ジャーナル 82号)
2010年07月13日 「役職&セクション」編(ジャーナル 81号)
2010年05月17日 「イタリア料理」編(ジャーナル 80号)
2009年12月16日 「お正月」編(ジャーナル 79号)
2009年12月15日 「給食」編(ジャーナル 78号)
2009年09月17日 「感染症・家畜伝染病」編(ジャーナル 77号)
2009年03月31日 「エスニック料理・東南アジア」編(ジャーナル 75号)
2009年03月31日 「健康食品」編(ジャーナル 74号)
2009年03月31日 「食物アレルギー」編(ジャーナル 73号)
2009年03月31日 「国際機関」編(ジャーナル 72号)
2009年03月31日 「食中毒関連」編(ジャーナル 71号)