お役立ち情報

「エスニック料理・東南アジア」編(ジャーナル 75号)

タイ料理

ガイヤーン
鶏の串焼き。しょう油やココナツミルクに漬けて焼く。
カオマンガイ
鶏肉をゆでたスープでタイ米を炊き、鶏肉を添える。
ゲーン
カレーの意味。ゲーンキョワーンガイは鶏肉のグリーンカレー。
ソムタム
青パパイヤのサラダ。
トードマンプラー
魚のすり身揚げ。
トムカーガイ
ココナツミルク入り鶏肉のスープ。
トムヤムクン
酸味と辛味のある海老入りスープ。
パッタイ
タイを炒めるという意味。センレク(平べったいやや太めの米麺)を使った焼きそばで海老、ニラ、モヤシ、ピーナツ入り。
ヤムウンセン
春雨サラダ。ヤムはサラダの意味。キクラゲ、鶏挽き肉または豚肉入り。ナンプラー、レモン果汁、砂糖、唐辛子で味つけ。

ベトナム料理

ゴイクン
バンチャン(ライスペーパー)を使った海老入り生春巻き。
チェー
豆、フルーツ、タピオカ、ココナツミルクなどを使った甘味。
チャゾー
揚げ春巻き。
バインミー
パテやハム、野菜のなますなどをバゲットでサンド。ニョクマムを振る。フランスからの影響。
バンクン
米粉の皮の蒸しぎょうざ。
バンセオ
ターメリックとココナツミルク入りの黄色いクレープ生地に、海老、モヤシ、豚肉などをはさんだベトナム風お好み焼き。
フォーボー
牛骨スープに米麺、モヤシ、香菜など。鶏肉はフォーガー。

インドネシア料理

ガドガド
多種を混ぜたという意味。ゆで野菜、厚揚げ、ゆで卵、海老せんべいなど。ピーナッツソース添え。
サテ
肉の串焼き。ピーナッツソースまたは甘じょう油のケチャップマニス、または辛いサンバルなどで味つける。
ナシゴレン
ナシは飯、ゴレンは油炒め。サンパルで味つけ。目玉焼き、海老せんべい、サテ、生野菜などを添える。
ミーゴレン
ミーはソバ、つまり焼きそば。ケチャップマニス味。

フィリピン料理

アドボ
豚肉または鶏肉をしょう油、酢、にんにくなどに漬けてから焼き、煮込む。スペイン語のアドボ(マリネ、漬け込み液)に由来。
カレカレ
牛尾などの肉と野菜のピーナッツソース煮込み。バゴーン(アミの塩辛)を加えて食べる。
キニラウ
生魚または海老、イカなどを薬味と共に酢でしめる。
シニガン
タマリンドで酸味をつけた魚介または肉のスープ。
チャプスイ
野菜各種を炒めとろみをつけた八宝菜。
ニラーガンマノック
鶏肉のポトフー。パティス(魚醤)で仕上げる。
ピナクベット
ゴーヤなど野菜と豚肉の炒めもの。バゴーンで味つけ。
モンゴ
緑豆のスープ。干し海老の風味をつける。
ルンピアンシャンハイ
細身の揚げ春巻き。豚肉と野菜入り。

シンガポール料理・マレーシア料理

シンガポールスリング
ラッフルズ・ホテルのバーにて1915年に生まれたカクテル。ジンをベースにレモンジュース 、チェリーブランデー、砂糖、ソーダなどを加え、フルーツを飾る。
チリクラブ
マッドクラブを唐辛子やトマトケチャップベースのソースで甘辛く炒めたもの。卵入り。ソースはパンにつけて食べる。
ニョニャ料理
中国とマレーの混血文化から生まれた。中華をベースに辛味のスパイスを効かせるのが特徴。ニョニャは女性の意味。スパイス風味の魚のすり身をバナナの葉で包んで焼いたオタオタなど。
海南鶏飯(ハイナンチーファン)
中国・海南島からの移民によって作られたチキンライス。タイのカオマンガイと同類。
肉骨茶(バクテー)
シナモン、丁字、八角、ホーソンベリーなど各種スパイスと水、しょう油で骨つき豚バラ肉を煮込んだスープ。
フィッシュヘッドカレー
魚の頭、ココナツミルク、タマリンド使用。
ロジャック
キュウリ、パイナップル、その他の野菜、厚揚げ、揚げパン、ピーナツなどをミックス。海老ペーストや黒豆ペーストの風味。

最近のお役立ち情報

2016年12月26日 121号「食の安全・環境」編
2016年10月24日 120号「郷土料理」後編
2016年09月16日 119号「郷土料理」前編
2016年06月08日 118号「外食店経営」編
2016年03月31日 117号「日本茶」編
2016年02月15日 116号「フランス料理」編(後編)
2015年12月02日 115号「フランス料理」編(前編)
2015年12月02日 114号「ビール」編
2015年12月02日 113号「日本料理」編(後編)
2015年04月07日 111号「日本料理」編(前編)
2015年02月13日 110号「食品添加物」編
2014年12月15日 109号:「和菓子」編
2014年10月07日 「米」編108号
2014年10月06日 「単位用語」(後編)107号
2014年04月15日 「単位用語」105号
2013年12月17日 「茶道用語」編103号
2013年10月03日 「パーティー用語」編102号
2013年09月10日 「ワイン用語」編101号
2013年08月02日 「農業用語」編100号
2013年04月19日 「ホテル用語」編99号
2013年04月19日 「日本の行事食」編98号
2013年02月01日 「販促用語」編97号
2012年10月10日 「韓国料理」編96号
2012年09月27日 「コーヒー」編(後編)95号
2012年06月12日 「コーヒー」編(前編)94号
2012年04月20日 「スタンダードカクテル」編93号
2012年02月16日 「コンビニエンスストア」編92号
2012年02月13日 「紅茶」編91号
2011年11月22日 「ファイトケミカル」編90号
2011年10月05日 「中東料理」編89号
2011年06月21日 「チーズ」編88号
2011年03月10日 「日本酒(清酒)」編 86号
2010年12月28日 「クリスマス」編 85号
2010年10月25日 「中南米食材・料理」編 84号
2010年10月25日 「中国料理素材」後編 83号
2010年07月13日 「中華素材」前編(ジャーナル 82号)
2010年07月13日 「役職&セクション」編(ジャーナル 81号)
2010年05月17日 「イタリア料理」編(ジャーナル 80号)
2009年12月16日 「お正月」編(ジャーナル 79号)
2009年12月15日 「給食」編(ジャーナル 78号)
2009年09月17日 「感染症・家畜伝染病」編(ジャーナル 77号)
2009年03月31日 「エスニック料理・東南アジア」編(ジャーナル 75号)
2009年03月31日 「健康食品」編(ジャーナル 74号)
2009年03月31日 「食物アレルギー」編(ジャーナル 73号)
2009年03月31日 「国際機関」編(ジャーナル 72号)
2009年03月31日 「食中毒関連」編(ジャーナル 71号)