食のプロ・コラム

“土いじり”して見ませんか

  • 2013年12月11日
  • 日本フードコーディネーター協会

 

 

株式会社ロックフィールド 参与
日本フードコーディネーター協会

理事 杉浦 高志

  

 

 “土いじり”と言うとガーデニングを思い浮かべる方が多いかと思いますが、私がご提案するのは “作陶”陶器作りです。

陶器作りを始めたのは“自分で作った抹茶茶碗で抹茶を頂きたい。”と思ったからです。そうは言っても陶芸教室に通う時間も無く、どうしようかな?と思っていましたが旅先を調べていたら半日陶芸指導してくれる所を見つけ、旅行のスケジュールに組み込み、お伺いしました。 半日ですから粘土を形にするまでを指導頂き、その後釉薬を指定して、乾燥、施釉、焼成は先生にお願いです。それでも2か月程後に自宅に作品が届いた時には大喜びで、早速お抹茶を立てて頂きました。  ⇒写真①

 写真①

 

  これに味を占めて旅行に行く時には作陶させてくれる所を探し、毎回楽しんでいます。 皆さんも自分の気に入ったサイズで気に入った色(釉薬)の陶器を探すのはご苦労なさっていると思います。 特に食の仕事をなさっている皆さんですので、簡 単には妥協したくない。 の思いが強いかと思います。でしたら一度自分で作って見ましょう。“お茶漬け”“混ぜご飯”用のちょっと大きめで、色は“織部” (緑)の飯碗。こんな思いで作陶したのが最新作です。  ⇒写真②


写真②

 

自分で作る喜びはこんな所にあります。食べる時に美味しく感じるのは正に“手前味噌”ですが、良いじゃ有りませんか。半日以内で作陶(陶芸)の指導をしてくれる工房は全国に数多く有ります。旅先でのんびりと気の合う仲間(我が家ではかみさんですが)と轆轤を廻しながら作陶を楽しむ。  なかなか良いものです。 ⇒写真③(かみさんの作品)


 写真③

 

そして2~3か月後に焼き上がった作品(陶器)が届く。自分で作った陶器で食べる食事。 楽しい食生活になります。画像で思い出す旅行も有りますが、陶器で思い出す(語る)と更に良く感じます。皆さんも是非一度トライして見て下さい。

 

 

最近の食のプロ・コラム

2016年11月28日 農業王国デンマーク
2014年12月11日 コーヒーと地域貢献
2014年11月12日 鰻料理   エトセトラ NO3
2014年10月29日 鰻料理   エトセトラ NO2
2014年10月07日 鰻料理   エトセトラ