フードコーディネーターとは

課題解決のための、フードコーディネーターの活用と社内教育について

ビジネスパートナーとしての、フードコーディネーターの存在

フードコーディネーターの必要性は、フード業界において年々その広がりと重要性を増しています。
その活動の場は、食品・飲料メーカーをはじめ、流通業界、マスコミ、ホテル&レストラン、産地(生産者)など、フードビジネスのあらゆる分野にわたります。

このような時代において、専門知識を持ち、総合力・企画力・運営力を兼ね備えたフードコーディネーターを課題解決のために活用することが成功するための大きなポイントとなります。さまざまな分野で最適なスキルを持ったフードコーディネーターをぜひビジネスパートナーとして活用ください。

クライアントの負担が大きく、内容がマンネリ化

課題1クライアントは、食の専門知識が浅い広告代理店など営業担当者に、的確な指示を出すための準備に時間がかかる。
また、複数の制作スタッフに直接、業務発注するケースは作業が多岐にわたり負担が大きくなる。

課題2クライアント自身、新しいアイデアが浮かばず、また、広告代理店からも新しい提案がなかなか出てこない。

課題3クライアントが、制作スタッフの人脈ネットワークを豊富に持っていない場合は、思うようなフードワークを追求できない。

フードコーディネーターを活用すると、クライアントの負担は軽減し、より完成度の高いフードワークが可能になります

メリット1食の専門知識と豊富な経験を持つフードコーディネーターに直接相談できるので、課題解決のアイデアやヒントを得られる。
また、安心して企画・制作を任せることができる。

メリット2クライアントの要望やコンセプトを反映させた提案と制作をフードコーディネーターが責任を持ってプロデュースするので、付加価値の高い提案をスピーディに得られる。

メリット3食のスペシャリストであるフードコーディネーターが豊富な人脈ネットワークから制作スタッフをコーディネートするので、完成度の高いフードワークを得られる。