フードコーディネーターとは

活動分野とその仕事内容

フードコーディネーターの仕事はマスコミ媒体で料理をスタイリングするばかりではありません。現在のフード業界におけるフードコーディネーターの活動範囲は、「食の商品開発」「レストランプロデュース」「食のイベント・メディア」の3分野を柱に、食品・飲料メーカーをはじめ、流通、マスコミ、ホテル&レストラン、産地(生産者)、教育など、フードビジネスのあらゆる分野にわたっています。日本フードコーディネーター協会では、食の専門知識や経験をベースに、マーケティング・経営・マネジメントの知識や能力を兼ね備え、食の現場や食の経営サイドで活躍できる食のプロの育成を目指しています。真に実力をそなえたフードコーディネーターの存在は、今後ますます重要性を増してきます。是非、この事例集を参考に独自の専門分野を開拓し、食の最前線で活躍して頂きたいと願っています。